コラーゲンの分子構造を分かりやすく解説します。

実際に肌に欠かす事が出来ない成分としてコラーゲンは代表的とも言えますが、コラーゲンの分子構造って知っていますか。動物がここまで高度に進化してきたのはコラーゲンというタンパク質が存在したからなのです。皮膚や骨、軟骨、血管などの様々な臓器にも欠かす事が出来ない役割を持っています。

コラーゲンの分子構造ですが、タンパク質の繊維であるコラーゲンの構造については、コラーゲン繊維の最小の1本は、約20種類のアミノ酸がつながったポリペプチド鎖です。体内のコラーゲンで一番多いのはⅠ型コラーゲンのα鎖は、アミノ酸残基数1000程度のポリペプチドで分子量約10万となっています。

そして、このα鎖3本が左巻きの螺旋状に絡み合い、分子量約30万で長さ約300㎜、直径が約2㎚の細長い棒状のたんぱく質となって、これをトロポコラーゲンというコラーゲン分子の事を指しています。

トロポコラーゲン同士が1分子の約1/4にあたる67㎚ごとに規則的にずれて各鎖間に架橋結合が形成されて線維束を形成していて、これをコラーゲン細線維といいます。このコラーゲン細線維がさらに多く寄り集まって、結合組織内で強大な線維を形成していて、これがコラーゲン線維と言われているのです。ナノアルファ口コミ

コラーゲンは他のたんぱく質とは違う特異なアミノ酸組成であり、グリシンが約1/3を占めて、プロリンとヒドロキシプロリンが約21%、アラニンが11%と20種類のアミノ酸のうちこの4種類で約3/2を占めるというかなり偏った構造となっています。この配列が螺旋状を作り3本のα鎖を強く結びつけて、丈夫なコラーゲン線維を作っているといわれています。

コラーゲンは美容や健康を目的としたサプリメントやドリンク、コスメアイテムなどに配合されていて星の数ほどの商品が販売されています。タンパク質は20種類のアミノ酸がつながった高分子化学物で、生物を構成する重要な成分となっていますが、コラーゲンはそのタンパク質の一種となっています。

人間の体のタンパク質の約30%がコラーゲンで、皮膚や靭帯、骨、軟骨などを構成しているのです。コラーゲンは細胞外基質の主成分で、細胞同士の接合や弾力や強度を与える重要な役割と持っています。

コラーゲンはタンパク質でできた繊維と考えられていて、3本のアミノ酸の鎖がらせん状に編まれた状態でコラーゲン分子となっているのです。このアミノ酸で出来た繊維のコラーゲン分子が集まってコラーゲン線維となり皮膚や骨などの骨組となっているのです。

実際に肌の為にコラーゲンは必要な成分と言われていますが、肌のためだけでなく、皮膚や骨など身体にとっても大切な成分であるという事が理解できます。コラーゲンの役割については、皮膚では皮膚全体の乾燥重量の何と約70%を占めて体の外側を形作っているのです。

実際に体の中でも構成されるコラーゲンですが、何より年齢を重ねることにより、減少してしまいますので、サプリメントやドリンク、美容製品などを活用して行く事がお勧めできます。