より自然な眉を目指す人に教えたい「4Dストローク眉」!

最近では、自然な眉が流行しています。その中で話題を集めているのが、4Dストローク眉です。少し前までは、細い眉毛が流行していましたが、最近では、太眉が流行しています。
その中で、眉に関してはたくさんの悩みを抱えている人が多くなっています。化粧をしないと外出する事ができない、忙しい朝の時間を短縮したい、ジムやスポーツなどで化粧が落ちやすい、ヒビのメイクの手間を省きたい、眉が薄くなってきた、素顔に自信を持てないなどという人が多くなっています。
そんな方にお勧めできるのが、4Dストローク眉です。自然な眉を手に入れる事が出来ます。眉は立体的で本物のように1本1本描いていきます。アイラインで自然ンで印象的な目元を目指す事が出来て、リップは顔色に合わせて若々しく美しい口元で、ヘアは描く薄毛治療、メディカルSMPです。
アートメイクで一般的な手法であったデザインの内側を塗りつぶす不自然な方法ではありません。専用に開発された手掘りペンを使って、眉毛を1本1本手で描くことにより、まるで本物のように見せる技術です。ノーメイクでも気にすることなく、外出する事が出来ます。
アイラインは、痛みが少なく自然で印象的な目元を目指す事ができて、自然だけど印象的にしたい、くっきりしたラインにしたい、可愛く見せたいなどという一人ひとりの要望などに合わせてアートメイクを行う事が出来ます。
リップは、顔色に合わせて若々しい美しい口元に導く事が出来ます。身体にも安全な自然色素を使用して、一人ひとりの顔色や肌質にあわせてカラーを調節していきます。食事のときなども口紅が取れる心配もなく、いつも健康的で若々しい印象を与える事が可能となっています。
更に、今男性の間でアートメイクを受けるひとが急増しています。メディカルアートメイクは各院で定期的なメンテナンスはもちろんですが、昔アートメイクを受けて、変色したしまった部分やデザインや色の変更、痛みは嫌という人にも安心して施術を受ける事が出来ます。
痛みについては、完全無痛というわけではありませんが、クリームタイプの麻酔を使用して行っていきますので、毛抜きで毛を抜く程度の痛みとなっています。
施術直後は目立ってしまわないのか?という事を気にしている人も多いのですが、アートメイクを施した後は赤みが出て、赤みが引くまでの時間をダウンタイムと言います。アートメイクで使用されていたアナログ機械ではなく、最新のデジタルマシーンを利用しています。今までのアートメイクよりもダウンタイムも短くてすみますが、個人差があります。
メディカルアートメイクと受ける事が出来ないひとですが、妊娠中の人、まつ毛エクステをしていて外す事が出来ないひと、アートメイクを受けていて、傷がまだ塞がっていない人、施術箇所に皮膚疾患がある人、感染症を発症している人などです。
施術の流れですが、様々な疑問や不安を取り除く為に、カウンセリングシートに必要事項を記入して十分な説明を行っていきます。
顔の輪郭や骨格を見て、その人に合ったデザインを行います。細かく修正して、満足できるまで繰り返し行っていきます。流行りに流されるのではなく、長期的に満足できるデザインになるように提案していきます。
実際に、自分の理想をきちんと伝えることにより、自分に合ったアートメイクを目指す事が出来て、さまざまな場面で問題となっている点を改善することが出来ます。実際に、メイクをしない状態でも、自分に自信を持つことが出来るようになります。