乾燥による小じわで悩んでいるならPG2がオススメ!

実際に年齢を重ねることにより肌のトラブルを抱えてしまうという人も多いと思いますが、乾燥が原因となって小じわが出来ている人にお勧めできる商品があります。それは、PG2です。今回は、PG2について詳しく紹介していきますので、悩みを抱えている人は参考にしてみてくださいね。

PG2は高濃度プロテオグリカン配合のアイトリートメントです。目元の乾燥小じわが気になる人や悩みとなっている人にお勧めできるアイテムです。角質層に浸透して潤う弾むような目元を手に入れることが出来ます。

実際に目元にしわが出来る理由としては、目元は顔の中でも一番皮膚が薄い場所で頬の皮膚の1/4程の厚さとなっています。皮膚を乾燥から守るために皮脂腺も少なく季節に関係なく乾燥しやすい状態といえます。

目元は皮脂膜が少ない状態なので水分をしっかり保護する事が出来ず、1日に15000回のまばたきがシワを招いてしまう原因となっています。肌が乾燥すると肌のハリが失われて皮膚がしぼんでシワが出来てしまいます。

また、日常で肌のケアを行うと思いますが、その反面では、クレンジングで洗いすぎてしまったり、濃いアイメークをしたり、保湿が不足しているケアをする事により目元の乾燥は加速して小じわが深いしわになってしまうのです。

目元の乾燥小じわは老け顔や疲れ顔に見える原因となり、取り返しのつかない深いしわになる前に潤いを与えて肌のキメを整えることにより、小じわにしっかりアプローチするケアを行う必要があります。

PG2は乾燥小ジワに高い効果を発揮する2つの美容成分で乾燥による小じわを目立たなくすることが出来ます。プロテオグリカンは保湿の代名詞ヒアルロン酸の130%もの保湿力がある高保湿成分となっています。フラーレンはビタミンCno172倍とも言われる美容成分です。肌の潤いをキープしてなめらかに整えることが出来ます。角質層に浸透し潤いを与えることができるので、弾むよう目元に導いていく事が出来るアイテムなのです。

PG2アイトリートメントの原料となっているプロテオグリカンは鮭の鼻軟骨から抽出される天然由来の成分で、肌の潤いを長時間キープする事により、みずみずしいハリやツヤを与えることが出来ます。

フラーレンはエイジングケアの美容成分でノーベル化学賞を受賞したことで有名な成分ですが、美肌力はビタミンCの172倍程度あるといわれていて、乾燥や紫外線などの外部刺激を受けたあとの肌の潤いをキープしてなめらかに整えることが出来ます。

実際に注目の成分が使われているPG2アイトリートメントは人気となっていて、悩みを解消する為に欠かす事が出来ない成分で肌に必要な成分をしっかり与えることが可能となっています。

年齢を感じさせるのは、目元と言われていますが、ある程度の年齢になるとシワは仕方ないと考えている人も多いと思いますが、きちんとケアする事により、満足できる効果を期待する事が可能となっていますので、一度試してみる価値はあると思います。

肌の悩みは個人で違ってきますが、目元の悩みは刺激の強いものを使う事も出来ず、ケアする際にも
どのようなケアをしていけばわからないという人もいますがアイトリートメント専用の商品を使う事により、効率的にケアを行っていく事が可能となっています。

年齢を重ねて仕方ないと感じるのではなく、自分に出来るケアを取り入れることにより、自分に自信をもつことが出来て、オシャレも楽しむ事が出来る自分で、いつまでも若々しく過ごしていく事が出来ると思います。

コラーゲンの分子構造を分かりやすく解説します。

実際に肌に欠かす事が出来ない成分としてコラーゲンは代表的とも言えますが、コラーゲンの分子構造って知っていますか。動物がここまで高度に進化してきたのはコラーゲンというタンパク質が存在したからなのです。皮膚や骨、軟骨、血管などの様々な臓器にも欠かす事が出来ない役割を持っています。

コラーゲンの分子構造ですが、タンパク質の繊維であるコラーゲンの構造については、コラーゲン繊維の最小の1本は、約20種類のアミノ酸がつながったポリペプチド鎖です。体内のコラーゲンで一番多いのはⅠ型コラーゲンのα鎖は、アミノ酸残基数1000程度のポリペプチドで分子量約10万となっています。

そして、このα鎖3本が左巻きの螺旋状に絡み合い、分子量約30万で長さ約300㎜、直径が約2㎚の細長い棒状のたんぱく質となって、これをトロポコラーゲンというコラーゲン分子の事を指しています。

トロポコラーゲン同士が1分子の約1/4にあたる67㎚ごとに規則的にずれて各鎖間に架橋結合が形成されて線維束を形成していて、これをコラーゲン細線維といいます。このコラーゲン細線維がさらに多く寄り集まって、結合組織内で強大な線維を形成していて、これがコラーゲン線維と言われているのです。ナノアルファ口コミ

コラーゲンは他のたんぱく質とは違う特異なアミノ酸組成であり、グリシンが約1/3を占めて、プロリンとヒドロキシプロリンが約21%、アラニンが11%と20種類のアミノ酸のうちこの4種類で約3/2を占めるというかなり偏った構造となっています。この配列が螺旋状を作り3本のα鎖を強く結びつけて、丈夫なコラーゲン線維を作っているといわれています。

コラーゲンは美容や健康を目的としたサプリメントやドリンク、コスメアイテムなどに配合されていて星の数ほどの商品が販売されています。タンパク質は20種類のアミノ酸がつながった高分子化学物で、生物を構成する重要な成分となっていますが、コラーゲンはそのタンパク質の一種となっています。

人間の体のタンパク質の約30%がコラーゲンで、皮膚や靭帯、骨、軟骨などを構成しているのです。コラーゲンは細胞外基質の主成分で、細胞同士の接合や弾力や強度を与える重要な役割と持っています。

コラーゲンはタンパク質でできた繊維と考えられていて、3本のアミノ酸の鎖がらせん状に編まれた状態でコラーゲン分子となっているのです。このアミノ酸で出来た繊維のコラーゲン分子が集まってコラーゲン線維となり皮膚や骨などの骨組となっているのです。

実際に肌の為にコラーゲンは必要な成分と言われていますが、肌のためだけでなく、皮膚や骨など身体にとっても大切な成分であるという事が理解できます。コラーゲンの役割については、皮膚では皮膚全体の乾燥重量の何と約70%を占めて体の外側を形作っているのです。

実際に体の中でも構成されるコラーゲンですが、何より年齢を重ねることにより、減少してしまいますので、サプリメントやドリンク、美容製品などを活用して行く事がお勧めできます。